まずは確認!そもそもプラセンタってなに?



ママのお腹の中で胎児を育む「プラセンタ」


元来、哺乳類の胎盤だけをいいますが、

近年は胎盤と同じ様な役割や栄養素をもつ素材のことも、

「プラセンタ」と呼称するようになりました。

その代表例として

「植物性プラセンタ」

「海洋性プラセンタ」

が挙げられ、これにより哺乳類の胎盤を原料としたプラセンタは、

「動物性プラセンタ」

と分類されるようになりました。

認証マークや*トレーサビリティー(生産地証明制度)などをチェックして、

安全で高品質なものを選択しましょう。






動物性プラセンタ


胎児を育てる哺乳類の胎盤。

ヒト由来プラセンタは医療用のみに使用され、

サプリメントや化粧品には豚由来プラセンタと、

馬由来プラセンタが使用されています。

五大栄養素ばかりか、

胎児の驚異的な成長を支える成長因子なども豊富です






海洋性プラセンタ(魚プラセンタ)


卵から誕生する魚類に“胎盤” は存在しませんが、

「卵巣膜」 という部位が「海洋性プラセンタ」として利用されています。

卵巣膜とは、鮭でいう筋子を包んでいる、表面の薄皮の部分。

卵を育むために必要なアミノ酸やコラーゲン

ヒアルロン酸などの栄養素を含み、健康維持に貢献する素材として知られています。

ですが、哺乳類の成長因子は含んでいないため、

動物性プラセンタの代用品として使うことは出来ません。






植物性プラセンタ


果実のなかで、種が隠れる「胎座」の部分

(カボチャで言うと、種の周りの繊維質)。

アミノ酸やビタミン、ミネラルなど、

種を発芽させるための栄養が盛りだくさんですが、

哺乳類の成長因子は含まれていないため、

動物性プラセンタのようなサポート力は期待できません。

本来の“プラセンタ”とは、哺乳類の胎盤だけ。

似た様な役割や栄養素をもつ素材を「プラセンタ」と呼ぶようになりました。






動物性プラセンタの種類とは?


現在、サプリメントや化粧品に用いられている動物性プラセンタは、

豚由来と馬由来のプラセンタが一般的です。

それぞれこの2種類は、栄養成分やバランスに特色があり、

使用感や価格などが異なります。


豚由来プラセンタ

サプリメントや化粧品として最も多数使われている。

豚は分子構造が人間に近いため、

プラセンタの栄養素を自然に補えるといわれています。

優れた司令塔の役割を果たす「プラセンタ」 。

プラセンタエキスの原料となる胎盤は、

食事や飼育環境に応じ品質が大きく変化するもの。

国産原料の場合は*「SPF 豚」かどうか、輸入原料の場合では、

トレーサビリティ(生産地証明制度)などから品質を確かめましょう。


*SPF 豚とは
SPFとは、「Specific Pathogen Free=特定の病原体をもっていない」という意味で、
日本SPF豚協会の厳正な衛生管理をクリアした数少ない施設で育てられた、
健康な豚に与えられる認証です。
衛生的な環境で暮らすため、抗生物質などをほぼ使用せずに大きくなります。
安全性が高く、殺菌処理も従来より抑えられているため、
プラセンタならではの栄養を保持していると言われています。

*トレーサビリティ(生産地証明制度)とは
食品の生産段階から、製造・加工、流通経路など、
消費者の手に渡るまでのプロセスを追跡できる制度のこと。
品質・安全性の目安になると言えます。




馬由来プラセンタ



サラブレッド等の胎盤から抽出されるプラセンタエキス。

豚の1.2 〜 1.5 倍のアミノ酸を含みますが、希少性が高いため、

比較的に高価なプラセンタです。




↓↓馬プラセンタ100%tp200↓↓


馬プラセンタ使用の化粧品の選び方につて



近頃、たくさんのプラセンタ美容液や、

プラセンタ配合化粧品が発売されていて、

「どれを選べば良いのかさっぱり分からない」

という方も多いのではないでしょうか。

プラセンタ化粧品には、

アミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素、核酸、活性ペプチド、ヒアルロン酸、


細胞を増殖させる成長因子など、

多くの成分が含有されています。

これらの有効性を十分に得るためには、

商品選びがとても大切だと言えます。

そこで、商品選びのポイントとなるところをご案内させていただきます。




プラセンタの由来をチェック



前の記事でもご紹介しましたが、

プラセンタ化粧品の中には、植物に由来する「植物性プラセンタ」や、

魚に由来する「海洋性プラセンタ」を使った商品があります。

大豆やアロエなどの胎座(胚)や、

鮭の卵巣膜から抽出したエキスが使われており、

それぞれ栄養素が数多く含有され、美肌効果が高いと言われています。

しかし、これらには動物(哺乳類)由来特有の

「成長因子」は含まれていません。

成長因子とは、各臓器や軟骨など特定の細胞の増殖を促す物質。

お肌には皮膚の細胞を増殖させて新陳代謝を促すEGF(上皮細胞増殖因子)や、

コラーゲンをつくる線維芽細胞を活性化するFGF(線維芽細胞増殖因子)があり、

動物に由来するプラセンタには、

これらの成長因子が豊富に含有されているのです。

化粧品に使われる動物由来のプラセンタには、

主として豚、馬があります。

特に、日本SPF豚協会の認定農場で育まれた、

「特定の病原体や寄生虫を持たないクリーンなSPF豚」など、

徹底的な管理下で飼育された豚のプラセンタは高品質と言われています。

また近頃は特に、血統が確立されたサラブレットの、

馬プラセンタが、品質の高さから注目を集めています






プラセンタの抽出方法をチェック

有効成分を含んだエキスをどんな方法で胎盤から抽出しているのか、

これも品質に大きく影響します。

酵素を用いて有効成分を抽出する「酵素分解法」や、

解凍時の細胞壁破壊を利用し、

成分抽出法に酵素の力をプラスした「凍結酵素抽出法」

例えばこのような方法は、有効成分をできるだけ壊さないよう、

高い技術で高品質なエキスを抽出する方法です。

メーカー次第ではさらに独自の研究開発で、

高度の抽出技術を使っているところもあり、

商品を選ぶ際の重要な点になります。

ただし、いずれも経費がかかる手法のため、おのずと商品の値段にも影響を与えます。






プラセンタの濃度をチェック


プラセンタを加工したり薄めていないタイプを、

「原液」といいますが、

その中には抽出過程において水を加えるものが存在します。

抽出過程で水を加えているので、

水を含んでいても「原液」になる、というのは驚きですが。。

一方、「純液」と呼称されるものは、

水を一切加えずに抽出されたプラセンタのことを指しています。

原液や純液を濃縮させて粉末状にした商品もあります。

濃度の高さでは、基本として粉末が最も高く、

続いて純液、原液となりますが、

実は、一概にそうとも言いきれません。

化粧品として加工されるプロセスで、

どれくらいプラセンタを含んでいるかが重要

になります。

プラセンタ配合化粧品は、

その商品にプラセンタがどのくらい含有されているかまでは、

明らかにすることができません。

結局のところ、プラセンタの濃度にこだわるなら、

薄めていない原液

または純液100%のままのプラセンタ美容液を選ぶのがオススメです。

また、日々のスキンケアで使用する石けんや化粧水、

乳液などのプラセンタ配合化粧品を取り入れる際は、

メーカーが公開している情報をリサーチして、

原料や抽出方法にどれくらいこだわっているかを認識することが重要です。

有効成分がどのぐらい含まれているかや、

濃度=効果の高さを計算することができます。




↓↓サラブレッド馬プラセンタ濃度保証のtp200はこちら↓↓


サラブレッド馬プラセンタ100%濃度保証


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

前述の記事で、tp200がなぜ支持されているかが、

ある程度ご理解いただけたかと思います。

ここでは、表題にある、口コミに隠れた事実についてお話します。

勘の鋭い方なら既にお気づきかもしれませんが、

この「濃度」がポイントです。

「プラセンタ効果なし」

「馬プラセンタは高いだけ」

ネット上にはこのような口コミも多数見受けられますが、



例を上げてお話します。


車メーカーがある車種に、


構造上の欠陥を発見しました。


そのため、大慌てでリコールしたとします。


あなたはその車種に乗っています。


しかもその欠陥が原因で、


あなたの家族がケガをしたとしましょう。



さて、あなたはどこに原因があると考え、


責任をどこに追及しますか?


恐らくメーカーの責任者ではないでしょうか?



一概には言えませんが、


誰でもその選択をすると言っていいと思います。




プラセンタの話に戻します。

プラセンタは、はるか昔から、

美容や健康に効果があることが認められ、

化粧品にとどまらず、健康維持のため、

サプリメントにも多く利用されている、

まぎれもなく有効な成分です。

しかし商品によっては濃度が低く、

効果が得られにくいものもあります。

これを使用した消費者は、この商品が悪いとはならず


「プラセンタは効果なし」


と判断するというのが、現実です。

正しい知識を得て、より効果が期待できる商品を選択する。

ネット社会だからこそ、

しっかりと商品選びの際のリサーチをするべきだと、

私は考えます。